包茎手術の価格は包茎の状態によって異なる

いろいろな種類がある包茎手術

包茎に悩んでいる人は、日本人でも意外と多いです。
なかなか周りに相談がしづらい性質も相まって、人知れず落ち込んでいる人は少なくありません。
しかし、最近では気軽に相談できる窓口を設けているクリニックも多く、まずはカウンセリングを受けてみることが肝要です。

見た目や清潔さの問題以外で考えなければいけないのが、価格です。
どのくらいの費用を用意しておけば良いのかは、多くの人が気にしています。
ただ、一口に包茎手術といっても状態によって価格が結構違うのが通常です。
状態は人それぞれで、手で簡単に皮をむくことができる仮性包茎のケースもあれば、今までむけたことがないという状態の重めの真性包茎の人もいます。
すべてを同額で包茎手術を行うと謳うクリニックもありますが、ほとんどのケースで状態によって価格は違います。
仮性包茎の手術では基本的に保険適用がないので、その点にも注意をしておかなければいけません。

大体の相場を理解しておけば安心

状態によって価格が違う包茎手術ですが、一番軽い部類の仮性包茎なら、概ね5万円から10万円で承っているクリニックが多いです。
もちろんこれは目安で、状態で術式が違うこともあれば、同じ術式でもクリニックで結構値段が開いていることもしばしばです。

カントン包茎のケースでは包茎手術の価格も少し上がって、10万円から15万円に多くのクリニックが設定しています。
手間や難易度・時間などでも、それに比例して価格も上がっていくのが一般的なので、仮性包茎よりは高めの設定がしてあります。

これが真性包茎になると、包茎手術にかかるのは12万円から20万円程度です。
仮性包茎と比較すると、2倍程度かかります。

包茎手術は仕上がりの良し悪しによっても価格が違うので、何を優先するのかをあらかじめ考えておくと良いです。
きれいな仕上がりで手術をしようとすると、その分お金もたくさんかかってくるのでどこでバランスを取るのかが重要です。

まとめ

包茎手術の価格を気にする時、自分が仮性包茎なのかカントン包茎なのか、それとも真性包茎なのかをまずは正しく理解しておくことが大切です。
手間や難易度が上がるほど価格も比例して高くなるので、それを目安とします。
状態を正しく確かめるためには、クリニックに相談をしてカウンセリングを受ければはっきりします。
包茎手術の術式や仕上がり具合でも費用は違ってくるため、細かく先生に質問をして、事前に確かめておく姿勢も大切です。

カテゴリー: 価格帯を知る タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です